湯垢・水垢をすっきりキレイに落とす方法【お風呂すっきり編】

  • 2019年11月28日
  • 2019年11月28日
  • 家事
  • 350回
  • 0件

水回りはちょっと掃除をしなかったら汚れが目立ち、さらに落ちにくいので掃除をするのにも気合いがいりますよね。また案外知られていませんが、同じ水回りの汚れでも水垢と湯垢の2種類あるので違いを知ってピカピカにしましょう。

湯垢と水垢の違いは?

よく勘違いすることでもありますが、同じ水回りの垢でも湯垢と水垢とは全く違う性質なんです。水垢の掃除方法で湯垢を掃除してもなかなかすっきりとキレイにはなりません。

  • 水垢→アルカリ性の汚れ
  • 湯垢→酸性の汚れ

水垢=水道水の成分の一つのケイ酸が原因となり、たとえば鏡についたウロコ状の汚れなどがそうです。長期間放置していると、石のようにカチカチに固くなってこびりついてしまい、そうなると掃除がかなり大変です。

湯垢=水道水の成分の一つのマグネシウムが原因となり、そのマグネシウムが石けんと科学反応を起こすことによって湯垢がついてしまいます。最初はヌルヌルして時間が経つにしたがって茶色く固くなってきます。水垢みたいに石のように固くはならないので、水垢より落としやすい汚れです。

水垢をしっかり落とすには?

水垢はアルカリ性の汚れです。ですので、その逆の性質を持つ酸性の洗剤(クエン酸や酢など)を使うと、汚れが中和されて汚れが落ちやすくなります。
また水垢は菌類なので(赤色酵母菌と呼ばれるキノコと同様の菌類)、実は汚れに根があります。表面だけをきれいにしても根が残っていればまた水垢はできてきます。根までしっかり掃除する必要があります。

具体的な方法は?

酸性洗剤以外で水垢に効果的なのはクエン酸や酢で、キッチンペーパーなどに浸して使います。汚れている部分へ貼り付けて、しばらくの間放置しましょう。時間が経過すると乾燥しがれてしまう場合もあるため、ラップやビニールを使いキッチンペーパーを覆うと効果的です。仕上げに、貼り付けているキッチンペーパーで汚れ箇所を擦ると、ほとんどの水垢は取り除けます。

鏡のウロコ取りは水垢?湯垢?どう掃除したらいいの?

鏡のウロコ→水垢です。酸性の洗剤を使って落としていきます。

具体的な方法は?

  1. まず水に溶かしたクエン酸やお酢のスプレーを使って、鏡全体にまんべんなく吹きかけます
  2. その上から鏡全体にラップを貼ります。
  3. しばらく放置してから、スポンジやブラシで擦ります。
  4. 長い期間放置していない水垢の場合は以上の方法できれいになりますが、それでも取れない頑固な水垢には研磨剤がついているスポンジなどでさらに擦って落とします。その際鏡に傷をつけないように十分に注意してください。
  5. きれいに水垢を落としたあとは、鏡を拭いて終了です。水分を残すとそれがまた水垢の原因になりますので、きれいに拭きましょう。

水垢そうじの注意ポイント

長い間そのままにしていたウロコ汚れにはカルシウムを含んで石のように固くなってしまっています。そこで研磨剤入りのスポンジなどで擦り取る必要が出てきます。面倒ですが鏡に傷がつかないように慎重にそうじして下さい。

湯垢をしっかり落とすには?

湯垢は酸性の汚れです。逆の性質のアルカリ性の洗剤を使って掃除しましょう。代表的な洗剤が重曹になります。

おすすめ洗剤

わが家は基本的にはこれの2つの洗剤しか使ってませんが、お風呂で黒カビを見たことがありません。

まとめ

お風呂をピカピカにするには、水垢汚れと、湯垢汚れを両方落とすことがポイントです。

  • 「水垢汚れはアルカリのクエン酸で掃除する」
  • 「湯垢汚れは酸性の重曹で掃除する

と覚えておけば大丈夫です。
それも面倒だという方は上で紹介した洗剤をシュッシュtッしておけばだいたいオッケーです。私は基本的にはウタマロクリーナーとリンレイの2つだけ使っています。黒カビが出来たことないのですが、この洗剤のおかげなのかなぁと思っています。
すでに黒カビが出来てしまっている場合は、カビキラーなどのカビ用の洗剤でやっつけてから、使ってみてください。
本当におすすめします。一度試してみてください。ドラッグストアでも買えますから。